建物の気密性能を表す数値のC値とは、「建物の床面積1㎡あたりの隙間面積」を表します。数値が小さいほど隙間が小さく気密性が高くなります。国の省エネ基準では北海道、青森、秋田、岩手の地域でC値2.0以下、それ以外の地域ではC値5.0以下の住宅を気密住宅としていますが、ウッディホームでは床下エアコンCCF-STYLE1台のみでの全館冷暖房の効率等を考えると、最低でもC値1.0以下が必要だと考えています。今回の物件の気密測定の結果はC値0.47でした。今回目標としていたC値0.5を切れましたのでまずは目標達成です。

気密測定_1ページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。