宮城の伊達な杉の柱や梁を表しにして、素材そのものの性能や本物の質感を最大限に生かすことにより、時がたつにつれ味わい・輝きが深まる家に仕上がりました。ttt

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。