2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」において

「住宅については、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とすることをめざす、

2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」

とする政府の政策目標が制定されました。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは、住宅性能の高断熱化(今までよりもさらに)と

省エネ設備や太陽光発電、蓄電設備、HEMSなどの組み合わせることにより、消費する電力量を従来

より削減し、自宅で発電する量が年間に消費するエネルギー量を上回ることでおおむねゼロ以下と

なる住宅です。

新築住宅を建てる多くの方がZEH仕様を導入しやすいように国は補助金制度を設けて普及を促進しています。

この補助事業に対する設計・施工は登録されたZEHビルダーに限るとされているため、

ウッディホームでも登録申請をしております。(登録決定済)

ウッディホームでは、新築物件におけるZEH割合の目標数値を2020年度までに60%以上に設定し、

実現可能に向けて、一生懸命に取り組んで行きたいと思っております。

report_160212_ja_ページ_07report_160212_ja_ページ_18

ウッディホームのZEH普及目標

2016(H28)年度 15%以上 実績0棟

2017(H29)年度 25%以上 実績0棟

2018(H30)年度 40%以上

2019(H31)年度 60%以上

2020(H32)年度 60%以上

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。